文化観光

  • home
  • 文化観光
  • 光山8景

光山8景

聳 珍 層 巒
載波珍山拱西北 摩天峰頂石層高
曾經寺址今精舍 自古栖遲幾傑豪
聳珍山の幾重にもそびえる尖った峰 -あのように高い聳珍山の西北にそびえ立って、天を突き刺すように峰の端の石層が非常に高い
以前は寺の跡地が、今は文を読む精舎になっている、昔から戯れて休んでいった豪傑男児が何人いたか
魚 登 落 照
紅照峰頭石日遲 魚登別景際今時
晩烟疊障依迷路 最高樵童短笛吹
魚登山の向こうに落ちる日 -赤い夕焼けが山頭に映ると沈む太陽の足取りがのろいね、魚登山の風変わりな景色は今の時が一番良い
夕飯を炊く煙が深い山のかすかな道に、薪を拾う子供たちの笛吹く音がより一層良いね
龍 江 魚 火
敷點舊燈照夜天 芩惺漁火信其然
江淸月自人聲擾 鷗夢頻警未穩眼
- 黄龍江で魚を捕る灯り -
数点の釣り篭の灯が夜空に映ると、釣り篭で魚を釣った灯りがはっきりしている
江がきれいで月の光は明るく騒々しいので、カモメの夢に目覚めて安らかに寝つけない
樂 水 野 色
極樂江邊上下坪 築橋連濂按都城
永生因穀四平野 民俗亨仁更有情
- 極楽江沿いの広くて青い風景がきれいだ -
極楽江は上下が全部野原なのに、橋をかけて大きい丘を結びつけて2つの都市をつなげた
永生極楽するのはさしづめ穀神なのに、広い野原が広くて均等なので、民俗まで素朴で気に入ったよ
石 門 架 霓
兩峰對峙立西東 岩作石門行路通
朝雨乍晴天杳漠 チェジェ橫互驚浮空-
石門山の岩の間の七色の虹 -
2つの峰が対抗して持ちこたえ西東に立っているが、両側の岩は石門になりその間に道があるよ
朝の雨がしばし止んで空は遠いが、七色の虹は横にかかって空中に伸びているよ
伏 龍 歸 雲
浮雲不特在高山 片片歸岩石聞
浮雲不特在高山 片片歸岩石聞
- 伏龍山の山腹を取り巻く白い雲 -
浮かんだ雲がどうして唯一、高い山だけにあるだろうか、岩の隙間にも筋ごとに動き回ったりもするよ
世利功名の栄華、ぜひとも問わねばならないことが何があるだろう、蘭の香りが奥ゆかしい深い谷であなたと一緒にいようかと思う
風 詠 晩 歸
春服章冠約共遊 風兮浴也更登樓
到此閑精誰詠盡 晩歸騷客萬端收
- 風詠亭に座って風月作り、詠じて夜遅く帰ってくる -
遅い春、上着を着た子供と一緒に遊ぶ口約束をして、風に当たって入浴もして、もう一度屋根裏に上がるよ
ここに来た退屈な心、誰が詠じるか、遅くまで見物しても全部見るのは難しいよ
浩 歌 松 陰
登浩歌亭坐翠微 風欄石枕共因依
松陰擎蓄淸環轉 遊客耽凉却忘歸
山の丘にある浩歌亭に上がって座り、風が吹く欄干の石枕に互いに寄りかかっているよ
松の木陰が日常を受け止めるように、きれいに揺れて清々しいので、遊ぶ客は涼しさを羨ましがって帰りたがらない